おすすめ セールスライティング本から ノウハウ スキルUPを狙う

書籍

wordPressを立ち上げてブログでアウトプットしていますが

わかりやすく表現するのって、なかなか難しいです

アウトプットだけでなく

有益な情報があふれているなかで

記事を読んでくれる人のために価値ある情報を提供していきたい

もっと、人の心を動かす文章表現ができるように勉強したい

そのためには何をしたらいいのか・・・・

考えた結果

今回は文章力を向上させて、もっといい表現ができるように

文章術の本を書評していこうと思います。

おすすめ セールスライティング本から ノウハウ スキルUPを狙って

副業の可能性を高めていきます

スポンサーリンク

結論:文章を書くにはルールがあります

「超速文章術」「新しい文章力の教室」を読めば

文章力向上が見込めます

「超速文章術」は、ゲーム感覚でアウトプット力

文章力が向上することができます。

「超速文章術」は、文章力向上のために読むだけではなく

テンプレートを使ったワークがあります。

ワークに使う文章作成テンプレートが無料でダウンロードできるので

実際に書きながらアウトプット力の向上ができます

テンプレートを覚えてしまえばセールスライティング

文章力の向上が見込めます

「新しい文章力の教室」では、ブログを書く時の目標を

完読としています

完読させるイメージをするのにラーメンを使います

ラーメンを完食させる=完読させるためにはどうしたらよいか

わかりやすくまとめられています

あとは、ひたすら書いて自分のカラダにしみ込ませる練習になります

楽天KOBOでは

お買い物マラソン楽天スーパーセール

の期間にあわせて

200円ポッキリ 300円均一 

最大70%オフ割引クーポン配布など

お得なイベントが期間限定で開催されるので

書籍代が安くなります

公式サイトを定期的にチェックすることをおすすめします

楽天Kobo 公式サイト 詳しくはこちら

電子書籍の端末を検討中の方に

おすすめの電子書籍端末があります

おすすめ電子書籍端末はこちら

超速文章術 著者

中野 巧 氏

共感を科学する「エンパシーデザイン・ラボ」主宰

顧客と「共感によってやさしいつながりが生まれる」と気づき

顧客に共感しながら必要な情報をわかりやすく伝える

独自の文章メソッドを開発

超速文章術 内容

約290ページ

  • 第1章 知らないと損⁉文章が急に上手くなる「超速」文章アップデート法
  • 第2章 5パターンの文章が自動で出てくる「超速!SNS文章作成ゲーム」
  • 第3章 小手先だけど効果絶大!スラスラ読まれるようになる「超速!文章テクニック」
  • 第4章 ブログ・メルマガの相棒になる「超速!穴埋めテンプレート」
  • 第5章 1枚のシートを埋めるだけ! 共感が結果につながる「超速!共感チャート」
  • 第6章 新しい配信ネタが次々にわいてくる「超速!寄り添いマップ」
  • 第7章 売れるランディングページが書ける「超速!究極のLPテンプレート」

気になったところをピックアップしていきます

文章に効く5つの心理効果

文章に説得力を与えるためには、心理学の知見も必要です

具体的に5つの心理効果を利用しています

  1. プライマシー効果
  2. リーセンシー効果
  3. 見出し効果
  4. ツァイガルニック効果
  5. ハロー効果

1つずつ確認していきます

プライマシー効果

プライマシー効果とは、初頭効果と言われるもので

タイトルに興味を持ってもらえないと本文も読んでもらえないということです

タイトルを決めるのって本当に難しいですよね

センスなのかもしれませんが・・・

ブログタイトルを決める時

検索してもらえるキーワードを選びます

ビックキーワードでは、企業ホームページなどに埋もれて

検索してもらえない

ロングテールキーワードの中から適度にキーワード検索される

モノを狙っていく

読者が興味のあるキーワードを入れつつ、タイトルにも興味を持ってもらい

中身を読み進めてもらうものを・・・・

むずかしい・・・練習あるのみですかね

リーセンシー効果

リーセンシー効果とは、最新効果、親近効果と言われるもので

最新情報=最後に触れた情報からの影響を受けやすい

自分も知らず知らずやっていた

ブログの最後にどうですか?

のひと言を付け加える

これをリーセンシー効果と言います

これは、ブログだけでなく仕事交渉のメールにも使えます

冒頭で、結論、要件をまとめる(プライマシー効果)

最後に要件や依頼する内容を整理しまとめて伝える

(リーセンシー効果)この2つを組み合わせると

わかりやすく交渉もスムーズになるとの事

確かに、わかりやすいですよね

これは、PREP法(プレップ法)にもつながるのかと思いました

プレップ法とは

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

の順番でブログを書きましょうと言われています

仕事もブログも、最短で結論が欲しいですね

見出し効果

心理効果ではないけど

文字を読む、書く上で

見出しは大切な効果を及ぼしますね

理想は、見出しだけを読んで6割ぐらいの内容がなんとなくわかる

そんな見出しを考え出してみたいものですが

見出しがあることで

  • 読み手が最短で情報にアクセスできる
  • 読み手に読むリズムができる
    文字を読み続けるための箸休めになる
  • 書き手は頭の中を整理できる
    書き手の理解以上に読み手は絶対に理解できない

読み手と書き手が

お互いにメリットがありますね

書き手以上に読み手は理解できないこと

を意識しながら丁寧に読者ファーストを意識して

文章を書いていかないといけないですね

ツァイガルニック効果

ツァイガルニック効果とは

人は完成されたものより、未完成のものに興味惹かれます

「続きは・・・」

ですね

未解決の謎をその解決策を求める人間の基本的な本能(好奇心)

を刺激するんですね

次を読みたくなるような謎を作り最後までリズムよく読んでもらう工夫

をしましょうと書いてあります

ツァイガルニック効果やってみます

いろいろ「謎」をちりばめていきますので

クリックしてみてください。

ハロー効果

ハロー効果とは、権威性が必要だということです

権威性を出すためにはツッコミを

具体的にしていけばいいそうです

  • なぜ?
  • つまり?
  • ということは?

を意識して自分の文章にツッコミを入れて読み手の「?」

に対する答えに説得力があるのか自問自答していくことです

難しいですが、アウトプットをして鍛えていくしかないですね

文章に効く5つの効果

  1. プライマシー効果
  2. リーセンシー効果
  3. 見出し効果
  4. ツァイガルニック効果
  5. ハロー効果

うまく活用しながら読者ファーストを意識した

ブログ運営をして価値提供をしていく

すると・・・お金をいただけるチャンスがもらえるということなんですね

難しいですがやってみるしかないですね

次は、「新しい文章力の教室」です

ブログの文章を完読してもらうことを目標にすえ

そのためには何をすればいいのかわかりやすく

まとめられています

 



新しい文章力の教室 著者

唐木 元
1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。

新しい文章力の教室 要約

約210ページ

  • 第1章 書く前に準備する 書く前の準備で文章が決まる
  • 第2章 読み返して直す 「完読」を目指して文章を磨いていく
  • 第3章 もっと明快に 読者の負担を取り除いてもっと伝わる文章にする
  • 第4章 もっとスムーズに 読者に伝わる丁寧な文章にしていく
  • 第5章 読んでもらう工夫 文章を伝える工夫は仕事の基本にも通じる

この中から気になったところをピックアップしていきます

完読される心得

文章を習うのは、小中高で作文を

大学ではレポート、卒論

会社ではレポートなどを書きましたが

文章書くの苦手

だいたいどこでも大幅に直されます

教わるのは、学校の先生、大学教授、上司になると思いますが

先生、上司はどこで文章を習ったのでしょうか?

読んで意味の分からない指摘は受け止めます

個人の感性が現れる文章です

過度の修正は、その人の持ってる文章の味が無くなる気がします

もちろん読めたもんじゃない文章は論外ですが

そんな思いを「新しい文章力の教室」ではうまく表現しています

それがラーメンです

文章の教室を読みながらなんとなく読んでモヤモヤするものが

すっきりした気がしました

文章を書き始めたばかりの、初心者は、目指すべき状態をはっきり見定めて

迷いなく文章力の腕を磨いていく必要があります

その目標を何にするか

それが「完読」してもらうことです

完読される文章=完食させるラーメンととらえます

この完食させるラーメンを目指すと、とてもわかりやすいです

ラーメンは、どんな時に食べきれないかですか?

食べきれない理由を挙げてみてください

文章とラーメンが見事に当てはまります

  • 文章が長すぎる = 量が多すぎる
  • タイムリーな話題じゃない 
     = 麵が伸び 冷めている
  • リズムが悪い = 味付けがマズイ
  • 誤字 脱字 = トッピング忘れ
  • 飽きる = 味に飽きる
  • 求めている内容じゃない = 味が違う
  • 主張が強すぎる = 味が濃い

おいしく完食できるラーメンを目指すことは

繁盛しているラーメン店を目指す

この表現はわかりやすいです

読者=ラーメンを食べに来てくれたお客さん

お客さんを満足させるためには何が必要か

おいしいラーメンを作るためには何が必要かを考える

どこを直せば、繁盛店になれるのか

ブログ分析にもつかえます

推敲の意味を分かり やすく説明

完食=完読されるためには、何をするべきか

それは、推敲(すいこう)です

ブログを始めるために読んでおきたい

「ゼロ から 学べる ブログ 運営 集客 マネタイズ」 

にも、推敲は大切だと書いてありました

詳しくはこちら

推敲

推敲(すいこう)とは中国の唐の時代の詩人 賈島(かとう)の逸話が由来だと言われています

自作の詩の中にある「僧は推す、月下の門」の一部分

推す(おす)にするか敲く(たたく)にするか迷いながら歩いていると

韓癒(かんゆ)という有名な詩人にぶつかり

賈島(かとう)は韓癒(かんゆ)に相談したところ

敲く(たたく)が良いと言われたことが推敲の起源です

この逸話から文章を吟味して練り直すことを推敲というようになりました

推敲(すいこう)が大切と言っても、誤字、脱字の確認

で終わっていませんか?

その他に何をするのか

「推敲の第一歩は重複、連続のチェック」

をすることです

ついついやっていませんか?

  • 「~の」連続
  • 「~しました」の連続
  • 「体言止め」の連続

2連続は黄色信号

3連続は赤信号です

例えば「の」連続になります

昨日 ランチ 店員 態度が・・・

これは「の」が3連続してるので赤信号です

ついつい使ってしまいそうですが

重複を排除するだけで文章が驚くほど生まれ変わります

重複を排除して文章が生まれ変われば完読される

文章になる

もっと読みたくなる文章になる

憧れますね~

日々勉強

習うより慣れろですが

文章を書く上で大切なことがたくさん書いてあります

そのための教科書におすすめできます

書評 まとめっくす

「超速文章術」には、様々な文章技術が

書いてあります

5つの心理効果は

文章を書く上での序章に過ぎないんですね

文章力は使わないと磨かれない

だけど・・・・

やみくもに書いても磨かれない

では、どうすればいいのか

それは文章に、型があり

型を覚えてしまえばいいのです。

自分もまだできていませんが・・・

超速文章術 には、文章力向上のために読むだけではなく

テンプレートを使ったワークがあります。

ワークに使う文章作成テンプレートが無料でダウンロードできるので

実際に書きながらアウトプット力の向上ができます

テンプレートを覚えてしまえばセールスライティング

文章力の向上が見込めます

「新しい文章力の教室」では

ラーメン以外にも、文章力を上げるヒントが

たくさん書いてありました

少しずつ実践して完読(完食)される文章を

目指していきます

あとは、ひたすら書いて

自分のカラダにしみ込ませる練習になります

ぜひ読んでみてください

ブログを書いて稼いでいる人は

文章力だけでなく、マーケティングなどの

知識も使っています

マーケティングに関する書評はこちら

ブログ アフィリエイトに関する書評はこちら

楽天KOBOでは

お買い物マラソン楽天スーパーセール

の期間にあわせて

200円ポッキリ 300円均一 

最大70%オフ割引クーポン配布など

お得なイベントが期間限定で開催されるので

書籍代が安くなります

公式サイトを定期的にチェックすることをおすすめします

楽天Kobo 公式サイト 詳しくはこちら

電子書籍の端末を検討中の方に

おすすめの電子書籍端末があります

おすすめ電子書籍端末はこちら

ライティングがうまくなると

ライティングとwordPressを掛け合わせて

副業になります

wordPressに必要な設定をまとめてあります 詳しくはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました