日本語ワープロ検定 タイピング練習サイトと練習方法を解説

work

ワープロ検定取得のためにもタイピングスピードが必要です

日本語ワープロ検定を取ろうとしてる方が最初にあたるカベ

タイピングスピードではないでしょうか

ワープロ検定では

制限時間内での最低文字入力数が決まっています

最低文字入力数をこえるための練習サイト、練習方法を紹介します

スポンサーリンク

結論:練習すればタイピングスピードは早くなる

タイピングスピードは、ワープロ検定を取得するだけでなく

ありとあらゆる場面に役立ってきます

  • 業務日報
  • 報告書
  • 論文
  • メール
  • プログラミング
  • ブログ・・・

パソコンを使う作業の、ありとあらゆるものに通じています

タイピングに慣れないうちは

タイピングスピードも上がらず、嫌になって挫折してしまうかもしれませんが・・・

ワープロ検定を一つの目標にすることで結果的に

タイピングスピードがアップして、仕事が早く片付きます

つまり、タイピングスピードは仕事の速さを示すことになりますので

転職・就職活動のアピールとしても使えますので

紹介するタイピング練習サイトと練習方法をうまく活用して

タイピングスピードを上げてください

転職・就職活動にうまく活用していただけたら幸いです

ワープロ検定練習方法

ワープロ検定にはタイピングスピードと筆記試験

2つをクリアする必要があります

試験項目の1つタイピングスピード

に関する練習方法に焦点を当てます

ワープロ検定練習方法としては

  • ホームポジションを覚える
  • 実際に入力してキー配置を覚える
  • 印刷された文章で入力練習する

ワープロ検定は、実施団体によって入力文字数が違いますが

目安としては以下のようになります

ワープロ検定実施団体の比較はこちら

入力文字数入力時間
1級700以上10分
2級450以上10分
3級300以上10分

10分間で求められる入力文字数は3級で300文字以上です

3級の場合、1分間で約30文字入力出来れば合格できますが

日本語は

  • ひらがな
  • カタカナ
  • 漢字
  • アラビア数字など

変換しなければいけないので

タイピングに時間がかかってしまう原因にもなりますが

ポイントをおさえれば早く打つことができます

3級と1級を比べると、入力文字数は300文字と700文字になります

1級の資格が取れるということは

3級に比べて倍以上の仕事ができるということです

ワープロ検定練習方法ポイント

  • ホームポジションを覚える
  • 実際に入力してキー配置を覚える
  • 印刷された文章で入力練習する
  • 不得意な指を動かす練習をする
  • 誤入力を減らしていく

ポイントを意識して

タイピングスピードアップしていきましょう

ホームポジションを意識

タイピングスピードを上げるためには

ホームポジションでタイピングをすることが重要です

ホームポジションとはキーボードの「F」と「J」にある

出っ張りに左右の人差し指を置くことです

ホームポジションを意識して、人差し指を配置しておくと

キーボードを見なくても位置が把握できます

F」と「J」 (桃色)に人差し指を置くことで

他の指の位置(横のエメラルドグリーン色)が決まります

ホームポジションでは

赤の線から右手・左手にわかれます

  • 人差し指:黄色の部分で他の指と違い2列カバーします
  • 中指:青色の部分
  • 薬指:緑色の部分
  • 小指:茶色の部分でEnter、backspaceなど範囲が広いです

指の位置は決まっています



タイピングスピードを上げるポイント

タイピングスピードを上げるポイントは何といっても

ホームポジションを意識したタイピングです

意識してもずれてしまう方は、キーボードによってキーの間隔が違いますので

慣れないうちは、ご自身に合ったキーボードを購入して

練習することも有効です

キー間隔の他にも、ホームポジションが大きくズレる原因の一つに

Backspaceキーがあります

Backspaceキーを使うと、指が届きにくいので

ポジションが崩れる原因になりますので

Backspaceキーを使った場合は再度

F」と「J」のキーボードにある出っ張りと人差し指を意識して

ホームポジションに戻ってください

タイピングで不得意な指を動かす練習

タイピング時に動きが不得意な指が出てきます

小指と薬指は特に動きが不得意だと思います

Q」「W」「P」のキーは動かしにくいです

不得意な指の動きがスムーズになると入力スピードは格段に上がります

小指・薬指を使っていかないと動くようになりません

筋肉トレーニングと同じです

小指を動かそうと、焦って練習しすぎると小指が痛くなってしまいます

そんな時は、焦らずに徐々に小指が使えるようになっていくことに焦点を当てて

気長に構えて少しずつステップアップしていってください

諦めずに、不得意な動きの指を少なくしていくことを

目的に練習をするとスピードアップが狙えます

誤入力を減らしていく

誤入力をしてしまうのは、致し方ないですが

誤入力をすることBackspaceキーを無駄に使うことになります

Backspaceキーを押す回数が減れば入力文字が増えます

また、ホームポジションがずれる原因にもなりますので

なるべく誤入力を減らします

タイピング練習サイト

タイピングスピードをあげるには、ホームポジションを意識して

ひたすら打ち込んで練習しないとスピードは上がらないので

タイピング練習サイトをうまく活用してください

無料で使える、おすすめタイピングサイトを紹介します

e-タイピング寿司打は、どちらも無料で

タッチタイピング練習をすることができます

購入が必要ですがコナンのタイピングソフトもおすすめです

モチベーションが上がる方を利用してください

タッチタイピング練習が無料でできる

おすすめタイピングソフト

e-タイピング

e-タイピングにアクセスしたら今すぐチェックをクリックします

画面の指示に従ってタイピングをしていきます

タイピング終了後、レベルが表示されます

レベルが????からE-までの18段階で表示されます

e-タイピングのレベル

C-~B+の範囲であれば個人的な用途で問題ないレベル

A-~????の範囲であれば仕事上困ることのないレベルになります

A-より上のレベルにまだ達していない方は

まずはA-を目指しましょう

寿司打

寿司打にアクセスしたら寿司打をplayをクリックします

スタートが表示されたらスタートをクリックします

画面の指示に従い

お好みのコースを選びタイピングをしていきます

寿司打は、楽しみながらタイピングスピードを上げる

練習ができます

タイピングソフト コナン

無料ではないですが、名探偵コナンで覚える

タイピングソフトもあります

名探偵コナンを知らない人はいないと思います

名探偵コナンで楽しく

タイピングスピードを上げることができます

昔・・・ルパン三世のタイピングソフトを使って覚えました
場面を進めたくて夢中になり、気がついたら早く打てるようになりました

コナンのタイピングソフトには

  • パッケージ版
  • ダウンロード版

どちらもあります

印刷された文章でタイピング

タイピングソフトである程度

早く入力できるようになってきたら

プリントアウトした紙で練習してみてください

タイピングソフトは画面上で入力しますが

日本語ワープロ検定では、プリントアウトされた紙を渡され

見ながら入力をしていきます

画面と紙を見ての入力になるので視線の移動が発生します

視線の移動が多くなると、ホームポジションがずれて

入力ミスが多くなっていきます

過去問題が無料でありますので

問題を印刷して視線を動かした練習もしてみてください

まとめ

タイピングスピードは、ワープロ検定を取得するだけでなく

ありとあらゆる場面に役立ってきます

  • 業務日報
  • 報告書
  • 論文
  • メール
  • プログラミング
  • ブログ・・・

パソコンを使う作業の、ありとあらゆるものに通じています

タイピングに慣れないうちは

タイピングスピードも上がらず、嫌になって挫折してしまうかもしれませんが・・・

ワープロ検定を一つの目標にすることで結果的に

タイピングスピードがアップして、仕事が早く片付きます

タイピングスピードは仕事の速さを示します

転職・就職活動のアピールとしても使えますので

転職・就職活動にうまく活用していただけたら幸いです

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました