人を操る禁断の文章術 を要約 人の心に訴えかけられるようにするには

書籍

もっと読者のために

ブログを始めて読みに来てくれた方の読者満足度を高めるために

文章術の本を数冊お買い物マラソンを使って

購入してみました

楽天では、定期的にお買い物マラソン

スーパーセールが開催されるので気になる本がある方は

要チェックです

お買い物マラソンなどのSALE時に

楽天KOBOではクーポン券が配布されています

楽天SALE 詳しくはこちら

メンタリストDaiGoが書いた「本人を操る禁断の文章術」

を購入、読んでみました

スポンサーリンク

結論:人の心を動かすのは難しい

人を操る禁断の文章術は、約170ページぐらいなので

読書の苦手な方でも読むことができて

人の心を動かす文章術に必要なことがギュッとまとめられています

人の心を動かすには

  • 3つの原則
  • 7つのトリガー
  • 5つの文章テクニック

が必要で

実は、気づかないだけで、多くの広告にちりばめられています

会社で書かなければならない報告書、メールなどの日常業務

プライベートでも使うメール、LINE、などのSNSでも使えるなど

文章術を上げると、ありとあらゆるところに使うことができます

人を操る禁断の文章術を読むと

文章術は文章だけでなく

対面で行うコミュニケーションと一緒であり

対面を文章に置き換えただけとも思えました

なので、コミュニケーションに悩んでいる方にも

人を操る禁断の文章術おすすめできます

楽天KOBOでは

お買い物マラソン楽天スーパーセール

の期間にあわせて

200円ポッキリ 300円均一 

最大70%オフ割引クーポン配布など

お得なイベントが期間限定で開催されるので

書籍代が安くなります

公式サイトを定期的にチェックすることをおすすめします

楽天Kobo 公式サイト 詳しくはこちら

電子書籍の端末を検討中の方に

おすすめの電子書籍端末があります

おすすめ電子書籍端末はこちら

人を操る禁断の文章術 著者

メンタリスト DaiGo

著書累計200万部を突破 YouTube登録者数200万人越え

ユーチューバーでもあり、月300冊の本を読む本の虫

人を操る禁断の文章術 内容

約170ページ

  • 第1章 文章が持つ力は∞(無限大)
  • 第2章 「書かない」3原則で人を操る
  • 第3章 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない
  • 第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

この中から気になったところをピックアップしていきます

人の心を動かす文章

心を動かす文章には、3つの原則があります

  1. あれもこれも書きすぎない
  2. きれいな文章を書こうとしない
  3. 自分が書きたい事を書かない

文章を書くとき3つ意識していますか?

なんとなく書いてしまっている

メール、報告書などにも使える3つの原則を意識して

文章を書いていくと、「最近何か変わった?」と

言われるかもしれません

あれもこれも書きすぎない

人の心を動かす文章を書くために忘れてはいけない3つの原則

  1. あれもこれも書きすぎない

ついついあれもこれも書きすぎていませんか?

書きすぎてしまっては人の心は動かせません

相手の心を動かすためには

情報量を少なくして読み手の想像力に訴えかけていきす

ワンメッセージ・ワンアウトカム

文章の中に込めるメッセージを1つ決めることで

読み手の想像力に訴えかけます

ブログも超特化ブログにすることで読者、Googleの評価が上がります

文章も、ブログも通じるところがあります

ワンメッセージ・ワンアウトカムを目指していきましょう


きれいな文章を書こうとしない

人の心を動かす文章を書くために忘れてはいけない3つの原則

  1. きれいな文章を書こうとしない

人を動かすのは論理ではなく感情です

読み手の心に響くキーワードを使っていくことが大切です

心に響くキーワードってなに?

心に響くキーワードは、人の表情が浮かび上がってくる文章です

書き手の感情が伝わる文章を書いていくと

読み手の感情と想像力を刺激していきます

かしこまった文章、ビジネス文章などの

きれいな文章を書こうとしてもあまり読み手の心に響きません

ブログが、ビジネス文章のようにきれいな文章では感情に訴えかけられないので

読み手の感情に訴えかけるような文章が書けるように日々修行です

自分が書きたい事を書かない

人の心を動かす文章を書くために忘れてはいけない3つの原則

  1. 自分が書きたい事を書かない

これがブログにおける最大の問題です

自分のブログだから自分の書きたい事を書く

と割り切っている方もいますが

ブログで収益を出そうとしているに自分の書きたい事を書いていては

収益は発生しません

肝に銘じます

有名人でもない人間の日常生活を、すき好んで

読んでくれるマニアックな人は多くありません

なぜ、無数にあるブログの中からブログを読んでもらえるのか

読み手は、興味、悩みがあるから検索をして

興味、悩みの答えを探そうとしているからです

どうやって、自分の書きたい事を書かないで

読者の方に読んでもらえる文章を書いていくのか

それには、ペルソナ設定が必要です

ペルソナとは、もともと、古典劇に使っていた仮面のことですが

マーケティング用語としても使われていて架空の人物像のこと

ペルソナと言います

ペルソナ設定をすることで読み手の悩みを想定できるので

読み手に刺さる文章を生み出すことができます

刺さる文章は読み手の心の中に存在します

7 つの トリガー

人を操る禁断の文章術には

人の心に訴えかける7つのトリガー(きっかけ)があります

  1. 興味
  2. ホンネとタテマエ
  3. 悩み
  4. ソントク
  5. みんなと一緒
  6. 認められたい
  7. あなただけの

7つのトリガーをちょっとだけ深掘りしていきます

興味

興味をもってもらうためには観察、共通点を見つけることが必要で

同じ悩みを抱えているって思ってもらえることが大切です

悩んだけどこれで解決できましたといった

読者への寄り添いが興味になります

ホンネとタテマ

どうしても人間は、ホンネとタテマエの間で心が揺れ動きます

こうありたい、こうあるべきの狭間で揺れる感情は

すさまじい欲望になります

この商品で悩みが解決するならって言われると買っちゃいます

悩み

人間の悩みは、分けると4つになります

  • 健康
  • 人間関係
  • お金

この4つの悩みが解決したら人間幸せです

腰が痛いなどの健康に関する話で

盛り上がっている場面に遭遇したことありませんか?

ソン・トク

みんななるべく損をしたくないですよね?

損はしたくないです

無料で使えるなら使ってみよと思うのは

ソン・トクが働いている証拠です

ソン・トクをうまく文章に盛り込みたいです

みんなと一緒

日本人は特に思い当たるかもしれませんが

みんながやっているから正しい

正解だからみんなやっていると思ってしまいます

つまり

ひとりぼっちはイヤという気持ちが人を駆り立てます

認められたい

認められたいと思う承認欲求は人を動かします

喜ばれると嬉しいですから

承認されたい気持ちは凄まじ力なので

刺激されると気持ちが動いてしまいます

あなただけの

希少性や特別感は、心が揺さぶられます

限定商品を買い求めるために長蛇の列になるのも

特別感からきています

希少性や特別感がないとみんな並びません

人を操る禁断の文章術を読んでいると

思い当たるところが多々あります

5つの 文章テクニック

以前書いたセールスライティング本にも

文章に効く5つの心理効果が紹介されていましたが

人を操る禁断の文章術に書いてある5つのテクニック

イメージしやすくわかりやすいです

セールスライティング本5つの心理効果はこちら

人を操る禁断の文章術における5つのテクニックを紹介すると

  1. 書き出しはポジティブ
  2. 何度も繰り返す
  3. 話しかけるように書く
  4. 上げて下げて、また上げる
  5. 追伸をつける

イメージしやすくて、わかりやすいです

文章術としてだけでなく日常生活においても

人を操る禁断の文章術テクニックが使えます

書き出しはポジティブに

書き出しをポジティブにするのは初頭効果を発揮させるためです

初頭効果とは、初対面の印象は7秒で決まり

半年間持続する効果のことで対面でも文章でも同じことが言えます

第一印象が大切です

ブログをする上でリード文が大切と言われるのは

初頭効果によってこの先の文章を読み進めるか決まるためです

何度も繰り返す

同じ意味と感情を文章の中で言葉を繰り返します

ただ、同じ言葉を3回以上繰り返すのはダメです

会話しているときと同様で

何度も繰り返し同じ話を聞かされるとイヤになるのと同じです

話しかけるように書く

話しかけるように書くことは

自分が書きたい事を書いている人には難しいテクニックです

話しかけるように書くテクニックを上げるトレーニングが紹介されています

ドラマ「相棒」の会話シーンを文章に書き起こすトレーニング

おすすめされています

話しかけるように書くことを目標にしている方は

チャレンジしてみてください

相棒の話が頭に入ってこないかもしれませんが・・・

上げて下げて、また上げる

文章にもジェットコースターのような展開が必要です

人間はメリットだけ知らせてもらっても

裏があるのではないかと思ってしまう生き物です

なので、ブログでも会社の報告書でも

しっかりマイナス情報を正確に開示しなければなりません

会社でマイナス情報を報告しないと怒られます

できれば報告したくないマイナス情報を

薄める方法が上げて、下げて、また上げるです

文章の頭にメリットや成果報告を書きます

真ん中にマイナス情報を入れます

最後にマイナスに対する対処法で締める

マイナス面が薄まりますので

あまり怒られたくない人は使えるテクニックではないでしょうか 

追伸をつける

追伸だとブログの場合はどう使うのか

イメージがつかめなかったのですが

ツァイガルニック効果のことです

以前読んだセールスライティング本に

書いてありました 詳しくはこちら

ツァイガルニック効果は達成した課題よりも

達成されなかったことや中断されたことをよく覚えていること

区切りのついていないもの

終わっていないものは必ず脳のどこかに残っています

人間は区切りをつけたいのでその先が気になってしまうことです

人を操る禁断の文章術に書いてある

5つの効果を使って人の心を動かす文章術を手に入れたいところです

書評 まとめっくす

人を操る禁断の文章術は、約170ページぐらいなので

読書の苦手な方でも読むことができて

人の心を動かす文章術に必要なことがギュッとまとめられています

人の心を動かすには

  • 3つの原則
  • 7つのトリガー
  • 5つの文章テクニック

が必要で

実は、気づかないだけで、多くの広告にちりばめられています

会社で書かなければならない報告書、メールなどの日常業務

プライベートでも使うメール、LINE、などのSNSでも使えるなど

文章術を上げるとありとあらゆるところに使うことができます

人を操る禁断の文章術を読むと

文章術は文章だけでなく、対面で行うコミュニケーション

と一緒であり

対面を文章に置き換えただけとも思えました

なので、コミュニケーションに悩んでいる方にも

人を操る禁断の文章術おすすめできます

楽天KOBOでは

お買い物マラソン楽天スーパーセール

の期間にあわせて

200円ポッキリ 300円均一 

最大70%オフ割引クーポン配布など

お得なイベントが期間限定で開催されるので

書籍代が安くなります

公式サイトを定期的にチェックすることをおすすめします

楽天Kobo 公式サイト 詳しくはこちら

電子書籍の端末を検討中の方に

おすすめの電子書籍端末があります

おすすめ電子書籍端末はこちら

文章術の勉強をもっとしたいという方には

こちらの本もおすすめです

セールスライティング本はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました