アルケミスト – 夢を旅した少年を読むと夢に生きる勇気があふれる

書籍

翻訳が難しいからこそ何度読んでも飽きない

心のモヤモヤを放置していると消えてなくなります

消えてなくなったまま

モヤモヤを放置していいのでしょうか

どこかに引っかかっていませんか?

毎日辛いと思いながら暮らしているなら

他人の価値観を基準に生きているから、かも・・・

アルケミストを読むと夢に向かって挑戦することの大切さ

を教えてくれます

スポンサーリンク

結論:なんか勇気がもらえる

翻訳をしてくれてはいるけど

一度読んだだけでは深く理解することが難しいです

ただ、読むのをやめることなく

読み進めたくなるストーリー

アルケミストを読んで

心のモヤモヤに気づいたら

行動する前兆かもしれません

今までやっていた当たり前のことは

他人の価値観に支配されているのかも

もっと自分の価値観を大切にし

前兆を感じ取って行動すれば

あなたの夢に一歩近づけるかもしれません

アルケミスト – 夢を旅した少年 著者

パウロ・コエーリョ

学業、仕事を度々放棄して、世界をめぐる旅に出る

1987年、『星の巡礼』(O Diário de um Mago)で作家デビュー

翌年に出版した第2作『アルケミスト – 夢を旅した少年』(O Alquimista)が

ブラジル国内で20万冊を超えるベストセラーになり

今では、80ヵ国以上の言語に翻訳、世界中の国々で文学賞を受賞している。

アルケミスト – 夢を旅した少年 内容

約200ページ

  • エピローグ
  • あとがき
  • 奥付

アルケミストとは

本のタイトルにもなっている

アルケミストとは

錬金術師(アルケミスト)のことで金属と言われる

鉄・アルミ・亜鉛などを金に変える錬金術を研究する人のことをいいます

話の中で主人公サンチャゴに大きな影響を与えます

アルケミスト – 夢を旅した少年 映画

アルケミスト – 夢を旅した少年はとてもいい話なので

80か国以上で翻訳されているので

映画化されてもおかしくないと思いますが

2015年の時点で映画化する話が出ていました

1994年にワーナー・ブラザースが映画化権を

25万ドル、約2,750万円(1ドル110円換算)で

獲得したものの製作ができず

著者が200万ドル、約2億2,000万円(1ドル110円換算)

で権利を買い戻そうとしましたができませんでした。

その後も映画化権を獲得する動きも出ましたが

映画を製作するには、至っていません

世界で大ヒットしたすばらしい小説だからこそ

小説の世界観を映像化するのが難しいのかも

しかし・・・

よくある脚本・キャスト選びに失敗して

批判の的にされる可能性もあるので

映画化されない方がいいのかもしれません

アルケミスト – 夢を旅した少年 あらすじ

羊飼いのサンチャゴが、ピラミッドに宝物が隠されている夢を

2度見たことがきっかけでピラミッドに向けて旅にでます

ピラミッドに向かう道中、老人や錬金術師など

様々な人と出会い、サンチャゴが成長していくストーリー

たどり着いたピラミッドには・・・

翻訳がわかりにくい部分もあり

1度読んだだけでは、深く理解するには難しいところもあります

2度、3度と読むたびに

夢に生きる勇気が湧いてくる不思議な本です

 



アルケミスト – 夢を旅した少年 登場人物

主な登場人物です

ストーリーのカギになる人はもっといます

  • サンチャゴ
    ピラミッドにある宝物を探す旅に出る主人公
  • 老人(メルキゼデック)
    セイラムの王 サンチャゴの旅を応援する
  • クリスタル商人
    無一文になったサンチャゴと出会う
  • イギリス人
    錬金術師になるための研究を長年している
  • 錬金術師(アルケミスト)
    サンチャゴと旅をする

アルケミスト 前兆

アルケミストを読んでいると前兆という言葉がかなり出てきます

人には前兆を感じる力があります

前兆を感じて行動を起こした結果

ビギナーズラックがおきることがあります

アルケミストには

初心者のつきで運命を実現させようとする力が働くためであり

神様から与えられた前兆を読んで進んでいくだけでいいとあります

しかしその前兆には、試練があるので勇気をもって

乗り越えていかなければならないと

前兆という名の直感が

繊細さんはすぐれています

繊細さんの本はこちら

サンチャゴと老人の会話にパン屋の話があります

パン屋の主人は子供のころ旅をしたかった

しかし、旅をするにはお金が必要で、お金がなければ

羊飼いになって旅をするしかありません

羊飼いに家はなく外で寝ることになります

親の立場になって娘を羊飼いとパン屋のどちらに

嫁にやるか・・・

パン屋のほうが羊飼いより立派な仕事という価値観

さらに家も持てます

親の立場であれば、もちろんパン屋ですよね

主人は子供の頃の夢を諦めパン屋になりました

つまり、自分の価値観より他人の価値観

を優先していることになります

頭ではなく心にある前兆に気づいて向かっていけるのか

前兆は自分自身が取り組みたい事であり夢でもあります

自分の中から湧き出てくる前兆に気づき

世間体を気にせず進んでいけるか

世間体を気にして諦めるのか

今現在でも通じる話です

自分軸ではなく

他人軸で生きていく方が世間体的には良い評価を受けますが

大切なものを失っていると

あなたは、どちらを取るか・・・・

アルケミスト 名言

アルケミストには名言がたくさんあります

人それぞれ刺さる言葉は違うと思いますが

3つほどピックアップしてみました

勇気こそ・・・

勇気こそ、大いなる言葉を理解するためにもっとも重要な資質なのだ

成功するかわからない道に一歩踏み出すことはスゴイ恐怖を感じるものです

運命に従うためには勇気が重要であり

自分を信じなければなりません

羊を売って・・・

羊を売って自分の運命を追求し始めた日からずっと彼は非常に危険な賭けをしていた。ラクダ使いが言っていたように、明日死ぬことでさえ、他の日に死ぬことと別に変わりがあるわけではない

自分の運命を追求し始めた以上常に賭けをしている

結果が同じなら

やらなくて後悔するより、やって後悔する方がよっぽどいいということです

夜明けの直前

夜明けの直前に、最も暗い時間が来る

成功するまで、暗い中を進んでいくことになります

この暗い時間を過ぎれば夜が明ける、と信じて行動していけるか

自分を信じられるかってことです

3つの言葉はどれも

他人軸で生きるのではなく自分軸で生きるためには

自分を信じて突き進まなければなりません

他人との勝負ではなく自分との勝負です

書評まとめっくす

翻訳をしてくれてはいるけど

一度読んだだけでは深く理解することが難しい

ただ、読むのをやめることなく

読み進めたくなるストーリー

アルケミストを読んで

心のモヤモヤに気づいたら

行動する前兆かもしれません

今までやっていた当たり前のことは

他人の価値観に支配されているのかも

もっと自分の価値観を大切にし

前兆を感じ取って行動すれば

あなたの夢に一歩近づけるかもしれません

ぜひ1度あなたも読んで

心に問いかけてみてください

楽天KOBOでは

お買い物マラソン楽天スーパーセール

の期間にあわせて

200円ポッキリ 300円均一 

最大70%オフ割引クーポン配布など

お得なイベントが期間限定で開催されるので

書籍代が安くなります

公式サイトを定期的にチェックすることをおすすめします

楽天Kobo 公式サイト 詳しくはこちら

電子書籍の端末を検討中の方に

おすすめの電子書籍端末があります

おすすめ電子書籍端末はこちら

まだやりたいことが見つかってい方は

見つける方法があります

やりたい事の見つけ方はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました