ワープロ検定を取れば就職できる?履歴書に書くメリット・デメリット

work

ワープロ検定取れば就職できる?そんな甘くはないです

履歴書を埋めるためのにワープロ検定を受けるのは

おすすめしません

ワープロ検定は、あくまでも技能の証明です

ワープロ検定を取ったから就職できるというわけではありません

ワープロ検定は、主催団体によって種類がたくさんあるためか

ハローワーク職員に聞いてみると

ワープロ検定よりMOS資格をすすめられます

そんなワープロ検定のメリット・デメリットを

解説してみたいと思います

スポンサーリンク

結論:MOSの方が知られている

ワープロ検定自体を否定しているわけではないですが

デメリットは

企業で使われている文章作成ソフトにwordが多いので

ワープロ検定を持っていても

MOSのwordを取得したほうが面接官の反応はいいです

しかし、デメリットだけでなく

ワープロ検定の最大のメリットは

タイピングスピードを客観的に評価できるところ

MOSでは、文章作成スピードは求められていません

あくまでも時間内で指示された通りにwordが使えているかというところです

メリット・デメリット理解したうえで

ワープロ検定を取るか悩んでいる方は参考にして

就職活動にうまく活用してください

ワープロ検定 種類 

ワープロ検定と言っても主催している団体によって

様々あります

  • 全国商業高等学校協会主催
    全商ワープロ検定
  • 日本情報処理検定協会主催
    日本語ワープロ検定
  • JBS全国学校連盟主催
    JBS日本語ワープロ技能資格検定
  • 日本商工会議所主催
     日商PC検定試験

このほかにもまだたくさんあります

主催団体によって

合格基準と階級がまちまちです

ワープロ検定と言っても

ワープロ技能は普通にできるものと考えられているので

ワープロ検定資格を持っていても直接就職にはつながりません

それよりは、知名度のあるMOS資格ありますと言ったほうが

面接で気に留めてもらえます

ワープロ 検定 練習 方法

ワープロ検定にはタイピングスピードと筆記試験

2つをクリアする必要があります

試験項目の1つタイピングスピードは必ず求められます

タッチタイピングのスピードを上げるために

F」と「J」のキーボードにある出っ張りと人差し指を意識して

ひたすら打ち続けます

タイピングスピードを上げるためには打ち続けなければなりませんが

インターネット環境が整っていれば

無料でタッチタイピング練習ができます

無料で使える、おすすめタイピングサイトを紹介します

e-タイピング寿司打は、どちらも無料で

タッチタイピング練習をすることができます

タッチタイピング練習が無料でできる

e-タイピング

e-タイピングにアクセスしたら今すぐチェックをクリックします

画面の指示に従ってタイピングをしていきます

タイピング終了後、レベルが表示されます

レベルが????からE-までの18段階で表示されます

A-より上のレベルに行けばオフィスワークで困ることないレベルなので

まずはA-を目指しましょう

寿司打

寿司打にアクセスしたら寿司打をplayをクリックします

スタートが表示されたらスタートをクリックします

画面の指示に従い

お好みのコースを選びタイピングをしていきます

寿司打は、楽しみながらタイピングスピードを上げる

練習ができます

特打ヒーローズ 名探偵コナン

無料ではないですが、名探偵コナンで覚える

タイピングソフトもあります

名探偵コナンを知らない人はいないと思うので

名探偵コナンと一緒にタイピング練習ソフトで楽しく

タイピングスピードを上げることもできます

パッケージ版、ダウンロード版どちらもあります

ダウンロード版の方が少し安くなっています

ワープロ検定 過去問

タイピングスピードがある程度上がった後は

過去問題を解いて合格率をあげましょう

ワープロ検定は過去問題も公開されているので

ワープロ検定を受けようと思っている方は

参考になるのではないでしょうか

全国商業高等学校協会

全国商業高等学校協会主催の(旧ワープロ実務検定)

ビジネス文章実務者検定試験では

ビジネス文章実務者検定試験過去問題が

ありますので受験を考えている方は

過去問を解くと合格の確率が上がります

日本情報処理検定協会

日本情報処理検定協会主催の日本語ワープロ検定を

受けようと考えている方には

日本語ワープロ検定試験の過去問題がありますので

過去問題を解くと合格率が上がると思います

ワープロ 検定 試験 内容

様々あるワープロ検定の中から3つを試験内容比較してみたいと思います

ワープロ検定は筆記と実技があります

実技は使っていれば覚えますが、筆記は使わないと忘れてしまいます

JBS日本語ワープロ技能資格検定は、筆記で落ちました

忘れた漢字が出てきたら諦めるしかありません

  • 全国商業高等学校協会主催
    全商ワープロ検定
  • 日本情報処理検定協会主催
    日本語ワープロ検定
  • JBS全国学校連盟主催
    JBS日本語ワープロ技能資格検定

全商ワープロ検定

全国商業高等学校協会が主催している全商ワープロ検定は

2013年度に全商ビジネス文書実務検定に統合されました

筆記試験には、コンピュータを利用する上での基礎的な知識

ビジネス文書に使う時候の挨拶、漢字・語句などの試験

実技試験には文字入力、ビジネス定型文作などあり

文字入力で最低タイピングスピードをクリアするのと

筆記・文章作成で70点以上をとると合格です

筆記時間入力文字数入力時間定型文作成作成時間
1級15分710以上10分表やオブジェクト及び
テキストファイルを含む文書
20分
2級15分460以上10分表やオブジェクトを含む文書15分
3級15分310以上10分簡単な表を含むビジネス文書15分
4級なし210以上10分ビジネス文書15分

日本語ワープロ検定

日本情報処理検定協会が主催する日本語ワープロ検定は

文部科学省後援になっています

高校生の時に受けた日本語ワープロ検定

文字入力と文書作成から構成されていて4級から初段までの7階級

筆記試験はなく、手書き文章から文章作成することに重点が置かれています

文字入力で最低タイピングスピードをクリアするのと

文章作成で、80点以上をとると合格です

初段になると文章作成が2種類になり

文字入力と文章作成2種類をクリアすると合格になります

入力文字数入力時間定型文作成作成時間
初段800以上10分ビジネス文書作成(表・地図を含む)と
文字の処理など2つの文章を作成
各20分
1級700以上10分手書き問題から
ビジネス文書作成(表・地図を含む)
20分
準1級600以上10分手書き問題から
ビジネス文書作成(表・地図を含む)
20分
2級500以上10分手書き問題から
ビジネス文書作成(表・を含む)
20分
準2級400以上10分手書き問題から
ビジネス文書作成(表を含む)
20分
3級300以上10分手書き問題から
ビジネス文書作成(表を含む)
20分
4級200以上10分手書き問題から
ビジネス文書作成
20分

JBS日本語ワープロ技能資格検定

職業訓練校で受けた、JBS日本語ワープロ技能資格検定は

全国ビジネス学校連盟(JBS)がビジネスに必要な

日本語ワープロ技能レベルを独自に認定する試験です

3級を取得してみました

全国ビジネス学校連盟(JBS)とは詳しくはこちらをご覧ください

JBS日本語ワープロ技能資格検定では

日本語語ワープロの技能と文書処理に関する知識を

どの程度理解しているか審査されます

全商ワープロ検定に近く

筆記試験には、コンピュータを利用する上での基礎的な知識

ビジネス文書に使う時候の挨拶、漢字・語句など

日本語と常識に関する試験

実技試験には文字入力、ビジネス定型文などあり

文字入力で最低タイピングスピードをクリアと

筆記問題で70点以上の計3種類

をクリアしないと合格できません

入力文字数入力時間定型文作成作成時間日本語常識
1級792以上10分ビジネス文書作成しながら
校正記号があれば修正
45分10分10分
2級492以上10分ビジネス文書作成しながら
校正記号があれば修正
30分10分10分
3級342以上10分ビジネス文書作成と
校正記号をもとに修正
25分10分10分

タイピングスピードアップ

ワープロ検定を受けることで結果的に

タイピングスピードがアップします

受験することでイヤでも目的ができます

タイピングスピードがアップすると、様々な場面で役立ちます

業務日報、報告書、論文、メール、プログラミング、ブログ・・・

パソコンを使う、ありとあらゆるものに通じています

モチベーションを上げるため

目標を持たないとやる気が出ない方

ワープロ検定を受けようか迷っている方は

受験してみてはいかがでしょうか

転職活動の面接で、MOS資格ほどのインパクトはありませんが

入社した後の業務でワープロ検定を受けてよかったと思う事があると思います

まとめっくす

ワープロ検定自体を否定しているわけではないですが

デメリットは

企業で使われている文章作成ソフトにwordが多いので

MOSのwordを取得したほうが面接官の反応はいいです

しかし、デメリットだけでなく

ワープロ検定の最大のメリットは

タイピングスピードを客観的に評価できるところ

タイピングスピードが上がることです

MOSでは、文章作成スピードは求められていません

あくまでも時間内で指示された通りにwordが使えているかというところです

メリット・デメリット理解したうえで

ワープロ検定を取るか悩んでいる方は参考にして

就職活動にうまく活用してください

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました