記帳指導 受講アンケートが送られてきたので受講申し込みをします

work

記帳をなんとなくやっているので無料の記帳指導

を申し込んでみます

職業訓練が終了した後には

1カ月と3カ月後に就職状況報告書を提出しなければなりません

無職と記入して就職状況報告書を出すより

新たなチャレンジとして個人事業主の開業届と

青色申告の届け出を税務署に提出して

就職状況報告書には、開業届の報告書を提出して終了しました

開業届を提出して3カ月が経ったころ

国税局からなにやら書類が送られてきました

送られてきた書類についてまとめてみました

スポンサーリンク

結論:開業初年度は無料で記帳指導がうけられる

職業訓練終了後、職業状況報告書の提出期限が迫ったことを

きっかけに、開業届&青色申告を申請して

個人事業主になってみました

個人事業主になるための、開業届、青色申告の書き方、提出先はこちら

簿記の資格は持っていませんが、会計ソフトがあるので

調べて自力で帳簿付けをやってみようと思っていましたが

開業初年度は、税務署の委託先で記帳指導が受けられます

個人事業主になったときに戸惑う要素の一つに記帳があります

会計ソフトと記帳指導を受けれれば

不安の解消につながると思います

数ある会計ソフトの中から選んで

会計ソフトはfreeeを使用しています。初心者にもわかりやすいです

転職失敗して就職するのに疲れた方

個人事業主にチャレンジする方は

自分の可能性を発見しようとしている方は

開業初年度、無料で記帳指導が受けられるのでぜひ利用してみてください

記帳指導とは

記帳指導とは、税務署の委託先の指導員が

会計ソフトを利用して帳簿の付け方

決算・確定申告の手続までのアドバイスを

無料で受けることができる制度です

個人事業主になって青色申告を申請した場合

複式簿記での記帳が必要です

初心者には難しい複式簿記での記帳を無料でアドバイスをしてくれます

税務署では、帳簿のつけ方から決算・確定申告の手続まで、税の専門家である税理士や、パソコンの指導員等によるアドバイスを無料で受けていただく「記帳指導」の機会を設けております。

記帳の仕分けがわからない方へ 国税庁ホームページはこちら

https://www.nta.go.jp/about/organization/osaka/topics/shotokuzei/kicho.htm

記帳指導は2種類

記帳指導には、2種類あります

  • 集団で会計ソフトを使って学ぶ記帳指導
  • 税理士さんが1人ついてサポートしてくれる個別記帳指導

初心者には難しく思える記帳ですが

税務署が委託した民間指導機関、委託先の税理士から

無料で記帳指導を受けることがでます

開業すると記帳・確定申告をしなければなりません

今まで会社勤めだと確定申告をほとんどしていなかったので

不安があると思いますが無料で記帳指導をしてもらえるので

不安解消に役立ちます

税務署 記帳指導 アンケート

国税局から送られてきた書類の中に

記帳指導の受講希望アンケート(兼申込書)

返信用封筒がはいっています

このアンケートの質問は主に3項目です

  • 今後の記帳について
  • 記帳指導の希望の有無
  • 指導機関の紹介希望の有無

3点についてのアンケートなのですぐに終わります

アンケートを書き終えたら一緒に入っている返信用封筒に

アンケート用紙を入れてポストへ投函すれば後日連絡が来ます

 



今後の記帳について

アンケート1問目は今後の記帳についての質問です

選択肢は4つです

  • 自分で記帳する
  • 自分で記帳できそうにない
  • 税理士に依頼する
  • 指導機関に加入する

4つのうち下にある2つ

  • 税理士に依頼する
  • 指導機関に加入する

を選択した場合は質問は終了になります

記帳指導の希望

アンケート1問目で

  • 自分で記帳する
  • 自分で記帳できそうにない

を選択した場合は

記帳指導を希望するか有無を選択します

記帳指導の方法は3種類あります

  • 会計ソフトによる指導
  • 税理士による個別指導①
  • 税理士による個別指導②

第1希望~第3希望までを選択して記入します

記帳指導は3種類とも、全四回行われます

会計ソフトによる指導を第1希望で選択しました

記帳指導を希望しなければ

無にチェックを入れてアンケート終了です

記帳指導機関の紹介

アンケートには指導機関の紹介を希望する質問があります

記帳指導機関には

  • 青色申告会又は商工会議所・商工会
  • 税理士会

があり、どちらも年会費や相談料・顧問料がかかると書いてあったので

希望しないを選択しました

調べてみると、青色申告会・商工会議所では

無料で問い合わせ対応してくれるところもあるようですので

気になる方は1度、お住まいの地域を管轄している

青色申告会・商工会議所に連絡をして聞いてみることをおすすめします

会計ソフト フリー

管轄の税務署に開業届、青色申告申請書を提出すると

開業することができます

開業した後に悩むのが記帳です

エクセルで記帳する方もいるかと思いますが

よくわからないので、会計ソフトを導入した方がいいと思います

簿記資格は持っていませんが

会計ソフトと自分で調べる能力があれば

帳簿付けができます

帳簿付けに自信がない、確定申告に不安がある方は

無料の記帳指導を申し込んでみてはいかがでしょうか?

開業初年度は無料で記帳指導を受けられます

税務署では随時

  • 記帳指導
  • 税金
  • 確定申告

についての質問は受け付けています

相談したい事があれば気兼ねなく相談したほうがいいと思います

税務署の大切なお仕事ですから・・・

無料の記帳指導を受ける場合、記帳指導アンケート兼申込書には

現在使用している会計ソフトの記載項目があります

まだ申し込んだだけなので、現在使用中の会計ソフトを考慮して

記帳指導をしてくれるかわかりませんが

まだ、使用する会計ソフトが決まっていない方は

会計ソフトfreeeが、初心者にもわかりやすくおすすめです

帳簿付けがわからなくても、問題なく記帳することができています

もし、記帳指導で現在使っている会計ソフトを

考慮してもらえるのであれば、お互いスムーズに指導が進むと思います

記帳指導 受けられない

記帳指導アンケートを書いて2カ月後ぐらいたったころ

税務署より封筒が来ました

記帳指導を受けられると思いつつ開封すると・・・

希望者多数のため希望に沿うことができないとの連絡が・・・

まさか・・・記帳指導が受けられないとは

仕方ないので、会計ソフトとGoogle先生の知恵を借りて

記帳をしていきたいと思います

知識がなくても帳簿付けできる 会計ソフトfreeeがおすすめです

帳簿付けのために簿記の知識があった方がいいので

簿記の資格の勉強をしてみます

まとめ

個人事業主になるには、税務署に個人事業主の開業届を

提出するだけなのでとても簡単です

開業届の提出を考えている方は

開業届と、同時に青色申告申請もしておきましょう

青色申告の書き方、メリットはこちら

開業してしばらくたつと税務署から書類が届きます

記帳指導の受講希望アンケート兼申込書を

記入して返信すると

記帳指導を無料で受けることができます

ぜひ利用してみてください

記帳指導を受けることができませんでしたが

記帳指導を受けるか迷っている方の参考になれば幸いです

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました