無料Adobe Acrobat Reader DCだけでPDFに文字入力 編集はできる

work

PDFの書類に、ちょっとだけ文字を入力して編集したい

インターネットで配布されている、届け出書類などに多く使われているのが

PDF形式のファイルです

PDF形式の届け出書類に書き込むためには印刷をして

手書きの記入が完了したら

スキャナーで取り込む必要が思っている方もいると思います

インターネットで配布されている、届け出書類のPDFに

自分の名前や選択を〇で囲むなどの

ちょっとした、文字入力であれば

無料のAdobe Acrobat Reader DCだけで

PDFに直接記入することができますので

配布しているPDFにちょっとした記入をしたいと考えている方の

参考になれば幸いです

スポンサーリンク

結論:PDFに簡単な記入であれば無料でできる

行政機関などで必要な書類は

PDFで配布されている場合が多いです

自宅で簡単に書類が入手ができて、とても便利です

個人事業主の開業届、青色申告申請なども

税務署へ行かなくても、国税庁のホームページからPDFをダウンロードすれば

必要書類が入手できるので

自宅で開業届の書類作成ができます

個人事業主に必要な開業届の書き方などはこちらから

PDFの書類を見るために

無料のAdobe Acrobat Reader DCを導入していると思います

無料のAdobe Acrobat Reader DC があれば簡単な記入はできます

無料のAdobe Acrobat Reader DC 画面、右側にある「注釈」をクリックすると

PDFに記入するために必要なツールが出てきます

  • 蛍光マーカーでの色付け
  • テキストの追加
  • 電子印鑑などのスタンプを追加
  • 描画ツールを使って文字を囲む

簡単な記入であれば無料で直接入力ができます

コロナウイルスにより

就職活動時に履歴書などをPDFにしてメールで送信するなど

PDFを編集する機会も多くなっています

PDF上で簡単な記入ができると、とても便利なので

参考にしていただけたら幸いです

 

PDFとは

PDFは情報の配布などをする時に利用されているファイル形式です

PDFは

Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)

頭文字を取ったもので

PDFを閲覧するためのビューワーは無料で配布されています

Adobe Acrobat Readerで検索すると出てきます

ビューワーをインストールすることで閲覧・簡単な記入・印刷をすることができます

無料で使えるビューワー Adobe Acrobat Reader DC はこちら

PDFの作成も

Windows10には、標準搭載している仮想のプリンター(PDFプリンタードライバー)

を使うと簡単に作成することができます

また、word、Excelなどのソフトには、あらかじめPDFで出力できるように

準備されているのでソフトを使っても簡単にPDFを作ることができます

PDFファイル作り方

今お使いのパソコンがWindows10であれば

PDF作成するためのソフトを導入することなく

無料でPDFファイルの作成ができます

PDF作成に使用するのが、 Microsoft Print to PDF です

Microsoft Print to PDFとは

Microsoft(マイクロソフト)が開発したWindows 10に標準で

インストールされている仮想プリンターのことです

紙に印刷する代わりにPDFファイルとして出力されます

Microsoft Print to PDF

Microsoft Print to PDF を使用して

PDFを作成する方法は印刷です

PDF化したいファイルを開きます

ファイルをクリックして印刷を選択します

Microsoft Print to PDF 用紙サイズ

印刷ボタンをクリックしたらプリンターから

Microsoft Print to PDFを選択します

プロパティをクリックすると印刷の向きが表示されるので

PDF化された時の用紙の向きを選択します

詳細設定からPDF化された時の用紙サイズの設定をすることができます

用紙サイズを選択したらOKをクリックします

Microsoft Print to PDF  保存先

Microsoft Print to PDF プロパティの設定が完了したら

保存先、ファイル名を入力して

ファイルの種類がPDFドキュメントになっていることを

確認して保存をクリックするとPDFファイルが作成できます

Microsoft Print to PDF を使えば

好きな書類をPDF化することができます

PDF 結合 フリーソフト

Windows10であれば印刷から無料でPDFファイルを作成することができましたが

PDFを作成した後に結合・分割しなければならないことに

気づいてしまった時に使える

便利なPDF結合・分割フリーソフトです

Windows10であればフリーソフトを使わなくてもできますが

PDF結合・分割フリーソフト CubePDF Page を使った方が簡単です

CubePDF Page 使い方は簡単で

PDF ファイルをドラッグ&ドロップして

「結合」または「分割」ボタンをクリックするだけです

結合では PDF だけでなく

  • BMP
  • PNG
  • JPEG
  • GIF
  • TIFF

などの画像ファイルも一緒にまとめる事ができるので

PDF化した後に画像を入れたいと思った時もとても便利です

登録が不要でありながら完全無料でつかえるので

とてもありがたいソフトです

あっという間にPDFを結合・分割できる CubePDF Page ダウンロードはこちら

Word PDF 編集

簡単なフォーマットで出力されたPDFであれば

Officeの「Word」を使ってPDFを開けばPDFの編集は可能です

やり方は、Wordで編集したいPDFファイルを開くだけです

wordで開くとPDFファイルがWordで表示可能な状態に変換されるので

そのまま編集することができます

ただし、複雑なファイルをwordで開くと体裁・形が崩れる場合もあるので

ファイルを開いて見るまでわかりません

そもそも、PDFに編集禁止などのセキュリティが掛かっていると変換すらできません

Adobe Acrobat Reader DC 無料?

WordでPDFの編集も可能ですが

無料のAdobe Acrobat Reader DC を利用すると

受け取ったPDFにテキストを挿入するなどができるので

無料で記名などの簡単なものは、ほとんど対応できると思います

しかし、PDFファイル内の文字や画像を直接編集する場合は

有償版の Adobe Acrobat DC が必要になります

有償版では

  • PDFの作成およびテキストや画像の直接編集
  • PDFを Word や Excel 、PowerPoint 形式で書き出し
  • スキャンした PDF をOCR(自動入力)、検索、テキスト編集ができる
  • 2つ以上のPDFファイルを結合する
  • PDFをパスワード保護

など利用することができますが

行政機関の書類に記入するなどの場合であれば

無料の Adobe Acrobat Reader DC で十分対応できると思います

adobe acrobat reader dc ダウンロード・インストール

まだ adobe acrobat reader dc をダウンロードしていない場合は

まずはダウンロードが必要です

無料で使えるビューワー Adobe Acrobat Reader DC ダウンロードはこちら

リンク先に飛ぶと、adobe acrobat readerをダウンロードとあるので

adobe acrobat readerをダウンロードをクリック

オプションのオファーがあるので必要な方はチェックを入れます

adobe acrobat reader dcadobe acrobat pro dc

の2種類があるので

上にある adobe acrobat reader dc をダウンロード

をクリックします

ダウンロードが始まるので画面の指示に従ってインストールをします

インストールが完了したら編集したいPDFを開きます

 



PDF 編集方法

adobe acrobat reader dc で編集するためには右側にある

黄色いマーク注釈を使います

注釈をクリックすると

上に注釈バーが表示されるので注釈バーの中から

編集する項目を選択します

主に使うのは5種類です

  • テキストをハイライト表示
  • テキスト注釈を追加
  • テキストボックス追加
  • スタンプを追加
  • 描画ツール

PDF 蛍光ペン  色

  1. 蛍光ペンマークを選択
  2. 色を付けたい部分を選択
  3. 色の変更は右側にある〇の部分をクリックすると
    パレットが出てくるので好きな色に変更できます

PDF テキスト入力 無料

  1. 注釈バーから、テキストをクリック
  2. 文字入力したい位置をクリック
  3. 文字を入力
  4. 入力した文字は右上に表示されるバーから
    フォント・文字サイズ・色などを変更することができます

PDF テキストボックス 無料

  1. 注釈バーから、テキストボックスをクリック
  2. テキストボックスを入力したい位置をクリック
  3. 文字を入力
  4. 追加したテキストボックスを右クリック
    プロパティをクリック
  5. テキストプロパティから境界線の色をクリック
  6. カラーパレットから白を選択してOKをクリック

背景色と同化するので

テキストボックスを使うと、すでにある文字の消去

新たに文字の入力を同時にすることができます

修正前

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021-08-08_10h33_30.png

修正後

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021-08-07_22h42_40.png

PDF スタンプ 作成

adobe acrobat reader dc のスタンプを追加を使うことで

スタンプをPDFに追加することができます

スタンプは種類がたくさんあり

PDFの書類に印鑑が必要な時は

スタンプを使うことで無料でPDF上で印鑑が作れます

PDF スタンプ 電子印鑑

  1. 注釈バーから、スタンプを追加をクリック
  2. 電子印鑑にカーソル移動して1つ印鑑をクリック
  3. 初回では、ユーザー情報の設定がないので
    姓と名を入力
  4. 姓と名の入力したら完了をクリック
  5. 1度、ESCキーを押してスタンプを追加から電子印鑑にカーソルを移動
  6. 電子印鑑に姓と名が入ったものが表示されるので選択します

PDF スタンプ 電子印鑑 編集

電子印鑑のユーザー情報は変更することができます

  1. PDFの編集をクリック
  2. 環境設定をクリック
  3. ユーザー情報をクリック
  4. 姓と名を変更
  5. 姓と名の変更が完了したらOKをクリック

スタンプ追加から電子印鑑にカーソルを移動すると

新しい名前で電子印鑑が作成されています

PDF 描画ツール

描画ツールを使うことでPDFに

線・矢印・長方形・楕円などの描画を作成する事ができます

PDFに多くある〇囲みは、この描画ツールを使います

PDF 丸で囲む

描画ツールは、デフォルトで塗りつぶしになっているので

カラーなしを選択するとPDF上で文字を丸で囲むことができます

  1. 注釈バーから描画ツールを選択して楕円を選択します
  2. 丸で囲む範囲をドラッグして丸で囲みます
  3. 作成した楕円はデフォルトの黒で塗りつぶされているので
    注釈バー右にある〇をクリック
  4. 表示されたカラーパレットにある歯車マークをクリック
  5. 楕円のプロパティーが表示されるので
    塗りつぶしの色をクリックしてカラーなしを選択
  6. 塗りつぶしの色を変更したらOKをクリック

PDF 塗りつぶす

デフォルトでは、描画ツールは塗りつぶす設定になっています

描画ツールの塗りつぶしを応用すると

PDFデータを白で塗りつぶして文字を消すこともできます

  1. 描画ツールから長方形を選択して
    消したい部分にドラッグをします
  2. 注釈バー右にある黒い〇をクリックします
  3. カラーパレットから塗りつぶし白
    境界を白にすると文字を塗りつぶして消すことができます
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 76c691c22c7ef40a64aa64b04f05e90c.png

まとめっくす

無料のAdobe Acrobat Reader DCを導入していれば

無料でPDF上で記入することができます

  • テキストをハイライト表示
  • テキスト注釈を追加
  • テキストボックス追加
  • スタンプを追加
  • 描画ツール

行政機関に必要な書類は、PDFで配布されているので

テキストボックス・スタンプ・描画ツールが使えるようになれば

手書きをすることなくPDF上で氏名記入・印鑑・丸で囲むことができます

修正前

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021-08-08_10h33_30.png

修正前

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021-08-07_22h47_38.png

お金をかけなくても、無料でPDFに簡単な記入ができるので

参考にしていただけたら幸いです

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました