「転職大全」「7つの習慣」を読んで転職 成功に導く マインド セット

書籍

転職を考えている人は読んだほうがいいと思います

職業訓練校でも、履歴書、職務経歴書

の書き方などキャリアコンサルタント講師が来て

1日かけて教えてもらいましたが

職業訓練校にいかないと教えてもらえなかったです

訓練修了した後も転職についてあれこれ探していたら

YouTubeでたまたま見つけた方が本を出版していたので

購入して読んでみたら

かなり役立ちそうな内容だったのでまとめてみました。

転職活動中なので役立てたいです

著者はYouTubeで

30代 40代は若手と同じ土俵で戦っても勝てない

戦略が必要ですと言っています。

厳しい世の中だけど頑張るしかない

そんなわけで・・・

「転職大全」 「7つの習慣」 を読んで転職

成功に導くマインドセットしたいと思います

スポンサーリンク

結論:年収を上げるには戦略がないと失敗する

対話形式で話が進むのでわかりやすいです。

安易に転職して痛い目を見ているので

自分みたいにならないように・・・・

転職失敗のお話はこちら

他に行ってもなんとかなるだろうと思ったけど

転職する企業の社風、文化が全く違います

長くいた会社だとその影響はかなり引きずるので

マインドセットが大切だと・・・書いてありますが

長く勤めている会社を転職する時は

戦略がないと転職失敗の可能性が高まります

この本を読めばマインドセットの切り替え準備ができます。

転職について考えさせてくれるこの本は良書だと思います。

転職活動では

  • ひとりで就職活動する不安
  • 未経験の業界に興味あるけど未経験の業界でも就職できるのか
  • ちゃんと就職できるのか

不安が尽きないと思います

不安の解消に少しでも役立つ求職サービスをまとめました

求職サービスでは

  • 面接対策 提出書類の添削
  • 独自分析した業界企業情報を教えてもらえる
  • 登録すると非公開求人を見ることができる
  • 自分に適した就職提案をしてもらえる

今の状況をかえるために

転職、求職サイト利用してください

求職サイト10選 詳しくはこちら

あなたにとってより良い、転職先に巡り合えたら嬉しいです

もう一冊の「7つの習慣」ファシリテーターに聞いた

7つの習慣に学ぶ心配ぐせをなおす術は

7つの習慣が200ページ程度でまとめられて

どうやって日常に使っていくのかがわかります

7つの習慣がコンパクトにまとまっていて読みやすく

わかりやすいです。

最終章に「7つの習慣」がまとめてあるので

7つの習慣が何なのか初めての人にも理解できます。

楽天KOBOでは

お買い物マラソン楽天スーパーセール

の期間にあわせて

200円ポッキリ 300円均一 

最大70%オフ割引クーポン配布など

お得なイベントが期間限定で開催されるので

書籍代が安くなります

公式サイトを定期的にチェックすることをおすすめします

楽天Kobo 公式サイト 詳しくはこちら

電子書籍の端末を検討中の方に

おすすめの電子書籍端末があります

おすすめ電子書籍端末はこちら

転職大全 著者

小林 毅

キャリアコンサルタント。

2010年にホライズン・コンサルティング株式会社を設立。

法務系人材を中心に、延べ5000人の相談、サポートを行い

日系大手企業、ベンチャー企業、外資系企業の採用支援を行う。

転職大全 内容

約300ページ

  • プロローグ 転職が怖い理由
  • 1 転職を考えたとき、転職市場を理解し、策を練る
  • 2 転職マーケットの生態系
  • 3 「なぜ自分は円食するのか」を理解する
  • 4 企業はどんな人を本当は求めているのか
  • 5 戦える職務経歴書を作り上げる

この中から気になったところをピックアップしていきます

転職 大切 な こと

転職における大切なことが転職大全に書いてあります。

大切なのは、あなたが今回の転職でいったい何を手に入れたいのか?

転職するには、しっかりとした条件を持つことが大切です!!

そのために

  • 自分自身がやりたい事
  • 働きたい仕事
  • 会社

を整理する作業が必要になります

ぜひ転職を考えている方も3点は大切だと思いますので

覚えておいてください

私のように失敗しないでください。

転職する時に○○できたらいいなっと思いながら転職してみたけど

やってみたら・・・・なんか違う?

中途半端に関連の仕事知っているからなのか

自分の理想が高いだけなのか

すべてうまくいっていなかったです

失敗したらどうしよう・・・・

自分には出来る気がしないけど

頑張ってやってみたけど結局できなくて・・・

焦って、どんどん追い詰められていく

もっと早く気がつけばよかったです

転職失敗した原因は自己分析が足りなかった

会社もちゃんと調べないで行ってしまった結果

入った会社が自分の価値観とは違うことに

この転職でやっと気がつきました

自分にあっていない仕事が見えたと言えば聞こえはいいが

これは20代で経験しておかないとまずかった・・・

転職の考えが甘かったです

自分の戦略のなさがこの結果を生んだのです

転職を考えている人はプロローグだけ読んでも考えさせられます

転職大全のなかでも自己分析の

重要さが書いてあります

職業訓練で知ったハローワークで無料で受けられる

自己分析もあります 詳しくはこちら

 

会社 辞め て から 転職

会社を辞めてから転職活動を

する場合

採用企業がすでに会社を辞めている求職者を見る目は

  • 何も考えていない
  • 仕事に責任感がない
  • うつ病などの体調に不安がある

などを思い浮かべるようです

採用する側としたら辞めさせるのは大変だから

採用する側も、採用される側も考えは一緒で

お互いにwinーwinがいいに決まっています

これ7つの習慣ですね

いかにして、企業にこの求職者が欲しいと思わせるか・・・

思わせつつも求職者は、会社に依存することなく

その会社に問題点があれば、自ら出ていくという選択が取れるように

マインドセット、キャリアステップ

していかなければいけません

そのためには、早くからマインドセット・キャリアステップの

意識付けをしておかないといけないのです・・・考えさせられます

 



面接 必要 な もの

面接は戦場であると転職大全では書かれています

戦場で戦うには

  • 自分を知る
  • 相手を知る
  • 対策を練る

この3点をおさえておかないと戦死します

戦死したくない

自分から見た視点と相手から見た視点

俯瞰(ふかん)してみることが大切です

  • 自分という人物をどのように見てほしいのか
  • 求人企業からあなたが欲しい、と思わせることができるのか
  • 求人企業があなたを採用した後、どのような変化が起こるのか

この3点を意識して戦場に向かわなければいけません

自己分析、企業分析・・・・

就職活動はとても大変ですが動くしかないです

転職のマインドセットのためにも

7つの習慣は、就職 転職以外にも様々に使える本です

完訳 7つの習慣はとても長いので

コンパクトな7つの習慣をおススメします

7つの習慣 に学ぶ心配ぐせを治す術 著者

上條富彦(著)

上條富彦氏は、自分のミッションを追求するため、フランクリン・コヴィー・ジャパンの

コンサルタントとしての道を選択。

7つの習慣 に学ぶ心配ぐせを治す術 内容

230ページ

  • 第1章 心配のない人生なんてあり得ない!
  • 第2章 心配ごとケーススタディ「仕事」
  • 第3章 心配ごとケーススタディ「将来」
  • 第4章 心配ごとケーススタディ「お金」
  • 第5章 心配ごとケーススタディ「恋愛」
  • 第6章 心配ごとケーススタディ「夫婦関係」
  • 第7章 心配ごとケーススタディ「親子関係」
  • 第8章 心配ごとケーススタディ「人間関係」
  • 第9章 7つの習慣が心配ごとからあなたを救う

簡単にですが自分が気になったところをピックアップしていきます。

心配性 原因

生きている限り心配ごとはある・・・・

この心配ごとを「7つの習慣」を使って振り回されないように

生きることをテーマにしています。

心配性になってしまうの原因を分解すると

9つの理由があると・・・

  1. やるべきことをやった自信がない
  2. 予想される悪いことがある
  3. 初めての経験で実態がわからない
  4. 目的を見失う
  5. 失敗体験がある
  6. 自分の限界を決めつけている
  7. 他人の評価
  8. 周囲への不満
  9. やり直しのきかない後悔

この9つの理由は人によって心配するポイントが違うので

自分の心配事の傾向を認識して改善していきましょう

ということです・・・自己分析ですね

そしてこの心配ごとの80%は起こらない・・・パレートの法則です

この心配の気持ちを自分でコントロールしましょうと言っています。

2章から8章はケーススタディとして、相談者と対談しています。

仕事、将来、お金、恋愛・・・

心配ごとにケース14まであるので自身の状況に近い物もあると思います。

対話しながら「7つの習慣」の考えを使って改善していきましょう

というストーリーで話が進みます。

 



7 つの 習慣 と は

R・コヴィー氏が書いた「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」は

読んだことなかったですが「7つの習慣 に学ぶ心配ぐせを治す術」

にも「7つの習慣」がかいてありました。

7つの習慣はこの7つ

  1. 主体的である
  2. 終わりを思い描くことから始める
  3. 最優先事項を優先
  4. winーwinを考える
  5. まず理解に徹しそして理解される
  6. シナジーを作り出す
  7. 刃を研ぐ

なかなか「7つの習慣」を全部同時には難しいですよね・・・

なので「最優先事項を優先」しないといけません

どれを最優先事項にするか・・・主体的を最優先にしないと・・・・

主体的であるためには「社会通念の鏡」を通した見方をやめないといけないんです

社会通念の鏡とは3つあって

  • 遺伝
  • 心理
  • 環境

が決定するという見方をやめる

全て自分が選んだのだから、結果は受け入れるということです。

自分を中心に考えたとき

関心がある事を「関心の輪」といい

その中で「変えられるもの、影響できること」を「影響の輪」と呼びます

 

  • 「関心の輪」:自分は関心はあるけど影響が及ぼせない
  • 「影響の輪」:関心もあり、変えられる、影響を及ぼせる

「影響の輪」の中で

自分がコントロールできて影響を与えられることに

時間とエネルギーを注ぐ・・・

つまり・・・エッセンシャル思考するってことなんですね

読んだだけではダメで行動していかないといけないです

書評 まとめっくす

「転職大全」は、対話形式で話が進むので読み進めていけます

日本のがメンバーシップ型からジョブ型

雇用に変化している状況下

自分も一歩踏み出して転職失敗したけど

ベストな選択をしていくしかないです

転職失敗しないためにも、知識武装が必要です

就職活動とはなんなのかを知るには転職大全が

いいのではないでしょうか?

転職失敗しないためにも

転職大全を読んで転職ノウハウを

手に入れてください

7つの習慣 ファシリテーターに聞いた7つの習慣は

200ページ程度で、対話形式でわかりやすく

7つの習慣がコンパクトにまとめられているので

読書が苦手な人でも読みやすいと思います。

読書が得意な方は

R・コヴィー氏が書いた「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」を

ぜひ読んでください

約500ページあります

読める自信がなかった・・・・

7つの習慣のうち

2つめの「終わりを思い描くことから始める」ため

自己分析をしないといけないですが

自分は紙と鉛筆で自己分析するのは苦手ですが

マインドマップを使うと自己分析しやすいです。

無料で使えるマインドマップはこちら

7つの習慣 ファシリテーターに聞いた7つの習慣

にも「7つの習慣」がまとめてありますので

7つの習慣のうち、ひとつでもやってみて

よりよい人生を送っていきましょう。

楽天KOBOでは

お買い物マラソン楽天スーパーセール

の期間にあわせて

200円ポッキリ 300円均一 

最大70%オフ割引クーポン配布など

お得なイベントが期間限定で開催されるので

書籍代が安くなります

公式サイトを定期的にチェックすることをおすすめします

楽天Kobo 公式サイト 詳しくはこちら

電子書籍の端末を検討中の方に

おすすめの電子書籍端末があります

おすすめ電子書籍端末はこちら

良い転職先に巡り合えるように

転職サイトまとめました 詳しくはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました